FC2ブログ

夢日記 「はじまりのみち」

2013(H25)年12月26日(木) 曇り時々雨

『しんぶん赤旗』TOPニュース
 知事は不承認を 沖縄緊迫 あす可否判断 
 辺野古埋め立てるな 県庁包む1500人

     タイトル 「はじまりのみち」

 映画「はじまりのみち」は、木下恵介監督の生き方と母子の情愛を描いたものである。作品の意図や批評では母子の愛のほうに重きをおいているようだが、私の興味は、木下恵介の生き方のほうにあった。

 1944年に公開された彼の作品「陸軍」は、戦時下に陸軍省の依頼で製作されたものである。その最後の場面は、息子が出征するのを、母を演ずる田中絹代が懸命に追ってゆく姿が印象的に描かれている。

 ラストシーンの10分間である。この場面は、今観ても臨場感あふれるもので、これこそ母子の情愛を描いたものとして、心に刻まれるものである。群集が日の丸の旗を打ち振って出征兵士を見送る中、母、田中絹代は息子を捜して、行進する兵士のあとを追ってゆく。

 田中絹代は転びながら、群集をかき分け、息子を捜して駆けてゆく。この名場面を陸軍省情報局は「女々しい」として、木下恵介は目をつけられるのである。彼は情報局から「にらまれ」終戦まで仕事ができなくなった。そして、彼は松竹に辞表を提出して浜松に帰るのである。

 浜松には脳溢血で病床に就いていた母がいた。米軍の空襲などがあり、浜松では安心して療養できないからと、60キロも離れた山間の村に母を疎開させることにする。「はじまりのみち」は、それを描いた物語である。

 バスで疎開させると、母は耐えられないと判断した恵介は、60キロの道のりを、リヤカーを引いてゆくことにする。兄とふたり、そして便利屋の3人でデコボコの道をゆくのだった。便利屋は家財道具を引き、兄と恵介が母のリヤカーを引いてゆく。

 その途中、峠の坂道があり、大雨も降って疎開は難渋する。しかし、恵介はその苦難をおして、毅然たる態度で山間の村まで母を連れてゆくのだった。ここに母子の情愛がはっきりと映し出されている。

 母は言語障害が残っていて、恵介に手紙を書く。「お前の居場所はここではない。お前の仕事は映画監督ではないか。はやく自分の居場所へつくように……」というような内容の手紙である。

 木下恵介の映画「陸軍」のラストシーン、そして、病床に就いている母への情愛が、その後の木下恵介を方向づけているように思う。だから「はじまりのみち」というタイトルになっているのだろう。終戦後に残した、数々の名作はここを原点にしているように思う。その原点を浮き彫りにしたのが、映画「はじまりのみち」である。



夢日記 「奇跡のリンゴ」

2013(H25)年12月25日(水) 晴れ

『しんぶん赤旗』TOPニュース
 安倍暴走予算 生活を破壊 2014年度政府案 
 消費税増税、大企業に減税 軍事費2.8%増 社会保障切り捨て

     タイトル 「奇跡のリンゴ」

 映画「奇跡のリンゴ」は、涙を誘う感動的な物語である。これは津軽のリンゴ農家、木村秋則さんの実話を映画化したものだ。

 秋則は子どもの頃、おもちゃで遊ぶといえば、好奇心でそれを解体してしまうという性癖があった。また、中学・高校へと進むと、バイク、エレキギターなどを解体して改造するという、研究熱心なところが見受けられた。

 そんな秋則は津軽のリンゴ農家の、ひとり娘のところに婿入りすることになる。そして、その結婚生活の中で、妻の美栄子がリンゴの農薬によって身体が蝕まれていることに直面する。美栄子は吐き気をもようしたり、身体に斑点が出たりするのだった。そこで、秋則はリンゴの無農薬栽培を思いつくのである。

 リンゴ栽培に農薬散布は欠かせないものと信じられていた。だから、年10数回も農薬を散布しなければ、害虫にやられたり、花が咲かなかったり、木が枯れたりするのである。が、秋則はその常識に挑戦するのだった。

 虫よけのために、ワサビを塗ったり、酢や石鹸などを散布したり、考えられるだけの、無数の方法を試みる。そして、効果のあるものを絞り込んでゆく。が、2年経ち3年経っても、その効果はなく害虫に蝕まれてゆくし、リンゴの木が花をつけることもなく、木を枯らしてしまう。

 7年経ち、8年経っても同じことだった。そうすると、木村家の財産は底をつき、義父の貯金も一銭もなくなってしまう。土地家屋は抵当にはいっているし、税金が払えなくなって、リンゴ畑まで差し押さえられる。電気は止められ、車や農機具まで借金のカタに持っていかれる。

 子どもたちは学校でいじめられ、村人たちも近寄らなくなり、村八分のようになる。貧窮の底で、秋則は出稼ぎに出たり、ウェイターをしたりして家族の生活を支える。が、秋則はリンゴ栽培や生活の在りように絶望し、自殺しようと山に入る。

 そして、山に入って首を吊る木を探しているうちに、一本の木に出合う。野性の山の中にあっても、その木は生き生きとして葉を繁らせ、実をつけているではないか。そこで秋則は眼を開かされる。自然の土、雑草がその木をたくましく育てていることに気づくのである。

 秋則はリンゴの木の下の草刈をしていたことが、木への栄養素を奪っていたことに気づく。秋則は木にとってもっとも悪いことをしていたのだ。そのことに、10年経ってようやく気づくのである。

 そして、ついにリンゴの木は花をつける。その畑が映し出されると、私は秋則や美栄子とともに、感動に包まれた。さらに、リンゴの木は実をつける。その実がじつに甘くてうまい。秋則の10年余の苦闘の無農薬栽培が成功するのである。

 秋則の家に電気が甦る場面や、義父が死の床でリンゴを握って離さない場面は、観客(私)の胸を打たずにはおかない。「奇跡のリンゴ」は涙なくして観ることのできない、感動・感銘を呼び起こす作品である。



夢日記 「白線流し 二十五歳」

2013(H25)年12月24日(火) 晴れ時々曇り

『しんぶん赤旗』TOPニュース
 安倍内閣 1年 危険ともろさ 
 国民の視線 険しさ増す

     タイトル 「白線流し 二十五歳」

 これは「白線流し」のスペシャル版で、高校を卒業して7年を経た25歳の青春を描いたものである。「白線流し 二十五歳」はテレビドラマで、この放映は2003年、いまから10年前のものだ。

 私はこの「白線流し 二十五歳」かどうかは忘れたが、ずっと前に観たにも関わらず、印象に強く残っていて、このスペシャル版もその印象を裏切ることはなかった。やはり、演出とその視座がゆらぐことなく、青春を真っ当に見据えているからであろう。

 青年たちが7人ほど登場しているが、印象に残っているのは、松本の高校の女性臨時教師と男性弁護士、脚本家を目指している女性、スリランカから帰国した男性海外協力隊員である。そして、高校生の高坂という問題を抱えている生徒だ。

 臨時教師はその臨時ということの悲哀を味わいながら、高坂という生徒の再生を願いながら、彼に関わってゆく。が、臨時教師がそこまで関わらなくてもいいというような忠告も受ける。それに傷つきながらも、彼女はその生徒を放っておくことができない。

 弁護士は、依頼人にたとえ非があったとしても、真実を隠して、弁護するということへの矛盾に悩む。先輩弁護士から「青臭いことを言うな」というようなことをいわれる。脚本家をめざす女性はいま、工事現場の警備員をして懸命に生きている。

 海外協力隊員は臨時教師の初恋の人である。しかし、その隊員はスリランカで一緒だった女性と結ばれ、教師は初恋に破れ、彼女は自分のもとを去ってゆく彼を見送るのだった。「初恋の人とは結ばれない」と言いながら彼女は失恋の涙を流す。

 この物語はこれといったプロットはないけれど、あるとすれば、高校生の高坂という生徒の再生に、臨時教師、弁護士、ホームレスの男性が関わる。自主退学をすると言っていた生徒が、再生し京都大学の受験をめざすことになり、笑顔を取り戻すとストーリーである。

 この「白線流し 二十五歳」は、それぞれの25歳を懸命に生き、社会の矛盾とも突き当たりながら、新しい生き方を探っている、極めて上質な青春物語である。彼らの生き方の清新さ、真摯さ、探求心が、観るものの心を捉えてはなさない、優れたドラマとなっている。



夢日記 「ホームシアター」

2013(H25)年12月23日(月) 晴れ時々曇り

『しんぶん赤旗』TOPニュース
 再稼動やめて 1万5000人 
 原発ゼロ 国会をぐるり

     タイトル 「ホームシアター」

 年末年始は、「ホームシアター」で過ごすことになりそうである。私は年末に大掃除もしないし、年始に神社・仏閣を参詣するということもほとんどない。神社に参るとしても、孫たちをともなって、村の神社へ足を運ぶくらいである。

 それでは、読書をしたらいいようなものだけれど、これはいささか辛気臭くて、その気になれない。年末年始はゆったりと過ごしたいものだ。やはり、この刻には、人生についてとか、一年の抱負などを心に刻みたいと思っている。

 年始には、子どもや孫たちがやってくるだろうから、その「もてなし」を少しする程度で、あとこれといった予定はない。そこで思いついたのが、ホームシアターである。もう私の年末年始は始まっていて、ビデオレンタル店に行って、すでにDVDを借りて観ている。

 このたび借りてきたのは、テレビドラマだった「白線流し」と田中邦衛の「北の国から」、そして映画の「奇跡のリンゴ」と木下恵介を描いた「はじまりのみち」である。あと、吉永小百合の「北のカナリアたち」と三浦綾子の「氷点」だ。

 「北の国から」は全12巻あるので、それを全部観るつもりである。そして「おしん」の少女編だ。「おしん」は映画ではなく、テレビドラマの方である。映画は失敗作だと思っているが、テレビの「おしん」は秀逸である。ただ、私が観るのは小林綾子の少女編のみである。その後の「おしん」は好みに合わない。

 年末年始で30本くらいのDVDを観るつもりでいる。ただ、ビデオレンタル店で私の気に入ったDVDがもう底をつきつつある。「おもいで映画館」と称する名画はほとんど観てしまったし、洋画の名作を置いてないので、あと限りがあって心許ない。

 この年末年始は「ホームシアター」で過ごしながら、人生やこの一年の抱負について、心をめぐらしたいと思っている。このほかに、あまり期待できないが、いいテレビ放映があれば、それを観ることになると思う。

 いずれにしても、年末年始をゆったりとした心持で過ごし、2014年を新たな気持で迎えたいと思っている。――旅じゃありませんか、誰だって人間の生涯は――島崎藤村



夢日記 「秘密保護法と暖房」

2013(H25)年12月22日(日) 晴れ時々曇り

『しんぶん赤旗』TOPニュース
 12年度日米共同演習 のべ854日 過去最多 
 新「防衛大綱」先取り 日米の軍事一体化進む

     タイトル 「秘密保護法と暖房」

 「暖房なしで冬を越す」というのは、ブログでそう語っている先日紹介した作家で高校の英語教師、渥美二郎である。別に彼は、暖かい沖縄とか奄美に棲んでいるわけではなく、冬はそれなりに寒いであろう静岡で暮らしている。

 それは私の想像をはるかに超えた世界である。私はその逆で、暖房なしではとても生きてゆけない体質である。だから、戦前の治安維持法などによって、逮捕・勾留・刑務所などに送られたら、いっぺんに風邪を引き、肺炎になり、結核となってしまい、命を落とすに違いない。

 秘密保護法は、それに違反すると最高10年の刑というのだから、私はとても10年という歳月を刑務所で暮らすことなどできそうもない。転向しないで頑張ったとしても、そのひと冬をとても生きてゆけそうにない。それほど私は寒がりなのである。

 戦前、宮澤弘幸氏は軍機保護法違反で1941年逮捕されて、網走刑務所に服役することになる。その違反というのが、彼が根室を旅行した時の話として、友人に根室沖に海軍飛行場があることを語っただけだった。その飛行場は、当時、日本中に広く知れ渡っていたのに、逮捕されて懲役15年を言い渡されたのである。

 極寒の網走刑務所に収監された彼は、栄養失調と結核に罹り、1945年10月に政治犯の釈放がなされたが、1947年結核が悪化して死亡したのである。戦前の軍機保護法と秘密保護法は酷似している。彼は網走の寒さに耐えられず、結核に罹ったのである。寒がりの私などは、ひとたまりもないだろう。このように秘密保護法はきわめて危険な法律である。

 渥美二郎はあるいは秘密保護法違反して、服役しても耐えられるかも知れない。12月13日の彼のブログによると、一切の暖房器具を使っていないというのである。つまり、電気ゴタツ、エアコン、石油ストーブ、電気カーペット、電気毛布などなど一切使ってはいないのだ。

 しかし、彼の格好がなんともほほえましい。室内でニット帽、マフラー、指先を切った手袋、ダウンジャケット、毛布スカート、いまではレッグウォーマーまで着用しているようである。それは尊敬に値するように思うけれど、一見滑稽でもある。それが彼のポリシーであるのだから、人がとやかくいうものではないだろう。しかし、刑務所では上記に挙げたような防寒着は許されないだろう。

 が、決して風邪など引かないように、ご自愛下さいという言葉しかない。大学受験の娘さんもいることだし、彼女も暖房なしで頑張っているようだけれど、ムリをしないで! と言いたい。

 ちなみに、私のような暖房暮らしの典型的な人間であっても、ここ6、7年一度も風邪を引いたことがない、という例もあるので、ほどほどに頑張って欲しいと願っている。グッドラック!



リンク
カウンター
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!
 
 日々の暮らし・想いを自由に短歌に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ