スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠岐の島

2016年7月10日(日) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【隠岐の島】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わたしが20代前半に旅した島根県の隠岐の島は印象深い旅であった。わたしは野宿するつもりで、寝袋をかついでいった。実際、牛が放牧されている草原で1泊した。周りにはまったく灯りはなくて、漆黒の闇の中で眠った。陽が落ちて暗くなれば眠り、朝日が昇れば起きるという、自然な体験をした。その日は台風が近づいていたので、船は大きく揺れて、船酔いをして酷く苦しい思いをしたことを覚えている。

短歌

若き日に暮しにあきて旅に出る隠岐の島へと船に揺られて


 2日目は民宿に泊まって、村の盆踊りにも出かけて一緒に踊ったように思う。この旅は、どちらかというと観光目的というより、日々の暮しに飽きて、旅に出たというのが本当のところである。この頃のわたしは、生き方に思い悩む日々を過ごしていた。その生き方を見つけるために、ひとり旅をしたのである。しかし、だからといって一度の旅で自身の生き方が見つかるようなことはなく、それ以後も一再ならず、ひとり旅をしている。それはわたしにとっては、人生のうちで貴重な体験である。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。