兼題写真(6)

2016年6月26日(日) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【兼題写真(6)】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 兼題写真(6)の写真は、「夕暮れの江ノ島」である。島影に今にも夕陽が落ちようとしている。西の空は茜色に染まり、江ノ島の海はかすかに色づき波が寄せてきている光景である。

短歌

くれないの夕陽が西の島影に落ちてゆきつつ海面染める

くれないに海を染めつつ沈みゆき夕陽が西の島影に消ゆ

砂浜に寄せては返す波の音乱れた心が静まりてゆく

黄昏の砂浜をゆく物憂げな女がひとり髪を乱して

黄昏の砂浜をゆく吾ひとり如何に生くべきか想いはつのりて


 俳句の言葉で「類想類句」という言葉がある。短歌では、「類想類歌」ということになるだろう。発想が類型的で、平凡な歌ということである。それを脱するためには、それなりの修行が必要である。そんなことを感じさせるような歌になってしまった、と感じている。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター