スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兼題写真(2)

2016年6月22日(水) 曇りのち雨

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【兼題写真(2)】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 兼題写真(2)の写真は、「中秋の名月」である。東の空に月が貼りついており、五重の塔が建っている。そんな光景の写真である。

短歌

中秋のまあるい月が中天に冴えざえとして浮かびておりぬ

中秋の月がかかりて照射する五重の塔が闇より浮かぶ

中秋の月が昇りて照射するたわむれに新聞を出して読む

中秋のまあるい月が昇りきて妻とふたりで丘へと上がる

丘に建つ五重の塔が浮かびおり君とふたりで月を見にゆく

アパートの六畳一間のわが部屋をまあるい月が照らし出すなり


 その写真を眺めながら創ったのが、上記の歌である。こういう趣向は面白いけれど、その写真にどれだけ感情移入できるかが難しいところである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。