スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夾竹桃

2016年6月17日(金) 曇りのち晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【夾竹桃】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 ちちははは、厳しい戦中戦後を生きてきた。ふたりとも明治生まれである。とくに父は、先の戦争で3回も徴兵され、よくも生きて還ることができたものだと思う。また、母は銃後を守り、家庭を守り子どもを育ててきた。そのちちははは、戦中に2人の子どもを産み、戦後に2人の子どもを産んで、大変な時代に子育てを余儀なくされた。ちちははは、いずれも90歳過ぎまで生きたが、その生活は貧窮の生涯だった。

短歌

ちちははの四人の子どもを育てたるお墓に向かい菊を手向ける

ちちははの眠れし墓は寺のなか夾竹桃の咲く道をゆく


 その、ちちははの墓は菩提寺の墓苑に建立されている。それは父が乏しい蓄えの中から金を出して、生前に建てたものである。わたしは、その墓にお参りするのは、たいてい年4回である。正月、春彼岸、お盆、秋彼岸という具合である。夏にお墓参りするときは、くれないの花をつけた夾竹桃の並ぶ道を登ってゆく。やはり、わたしにとってのちちははの存在はとても大きい。わたしの生き方を決めることになったのも、ちちははの真面目で誠実な生き方が少なからず影響している。いま思えば、ちちははの子どもで良かったという想いは強く、感慨深いものがある。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。