スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホトトギス

2016年6月12日(日) 曇りのち雨

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【ホトトギス】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 不如帰はいったい何処からやってくるのだろうか。ちょっと調べてみると、不如帰は面白い鳥である。不如帰はインドから中国南部で越冬し、5月中旬ころに日本に渡ってくる。わたしが5月26日午前3時に、その啼き声を聴いたので、やはり5月中旬というのは、本に記されている通りなのだろう。そして不如帰はウグイスなどに托卵すると言われている。

短歌

水無月になりていよいよ夏立ちぬ遠くで聴こゆ不如帰の声


 托卵というのは、「ある鳥が他種の鳥の巣に産卵し、その鳥に抱卵・育雛(いくすう)させること」と辞書に記されている。つまり、ウグイスなどの巣に卵を産み落とし、自分では卵を抱かず、他の鳥に卵を抱かせ、育雛までさせるというのであるから、ちょっと変わった鳥である。そんな鳥ではあるが、わたしにとってはとても身近な鳥である。わたしが書斎で本を開いていたりすると、裏山から「トッキョキョカキョク」という、特徴のある啼き声が聴こえてくる。するとわたしは本を閉じて、しばしその啼き声を聴くのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。