風邪を引いて

2016年6月11日(土) 曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春





♪♪♪ 【風邪を引いて】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 夏風邪を引いてしまった。6月になって寝具も衣替えとばかりに、毛布をとって初夏の装いにした。ところが、替えた途端に2~3日、朝がひどく冷えた。それでわたしは夏風邪に罹ってしまったのである。鼻水が出て咳がつづいた。身体も倦怠感に包まれ、節々が痛むようになった。それでわたしは病院へ出向いて薬を処方してもらった。「注射はしなくていいんですか」と、医師に訊いたら、「注射は昭和の治療で、今はそんなものは打たない」と言われた。

短歌

風邪引きも峠を越えてようやくに気力も戻り歌集を開く

風邪引きも峠を越えてようやくに気力も戻り酒を酌むなり


 果たしてそうなんだろうか、わたしの町の医院では去年、注射をしてくれたのである。何となく薬だけでは心許なかったが、しかし5日ほどで風邪は治ったようである。その5日間ほどは、気力が萎えて何をする気も起こらなかったけれど、今は峠を越えてようやく、本を読む気力も戻った。寝込むということはなかったけれど、虚ろな日々を過ごすことになったのである。やっとそれから解放されて、あれもしたい、これもしたいという風に気持が前向きになってきた。たかが風邪されど風邪である。風邪を莫迦にしてはいけない。風邪を引いたら、それなりの処置をして、早く治すように心がけるべきである。



スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター