春を待つ

2016年5月29日(日) 曇りのち雨

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春




♪♪♪ 【春を待つ】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わたしは四季のうちでもっとも冬が厭な季節である。何といってもわたしは人並みはずれた寒がり屋だ。しかし今年は暖冬だったので、電気ストーブだけで過ごすことができた。とはいうものの、その電気ストーブは強力なもので3万5000円もした。それを書斎とダイニングルームに置いたので2台も求め、7万円もの出費だった。それを身体の近くで使用したので、低温やけどを起こしてしまったほどである。寒いので、ストーブの傍で長時間パソコン作業をしていたからだ。

短歌 (「新日本歌人」6月号掲載)

あと五日残っておれど三月の暦にかえて春を待つなり


 そんな寒い冬が続いていたが、わたしは2月の下旬にまだ5日も残っていたけれど、3月の暦にかえて、春の心持ちを味わうことにしたのである。3月といえばいよいよ春の到来である。本格的な春とはいえないけれど、春の兆しがあちこちで見られるようになる。2月というもっとも寒い冬、厭な冬からぬけだしたくて、2月のカレンダーから3月に替えたのである。今年はそんな冬から春に向かってのわたしの営みだった。



スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ