スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦後っ子

2016年5月18日(水) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【戦後っ子】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わたしは1947年生まれである。終戦から2年後に生まれたことになる。ひどい食料難のなかにあって、よく生きてきたものだと思わざるをえない。生後のすぐの時期は覚えていないが、わたしの幼少のころから小学生の時代は、麦飯とお粥が主食だったりした。麦飯とお粥ならまだいい方で、サツマイモやメリケン粉を溶いてフライパンで焼いたものを夕食にしていたことも少なくない。

短歌

麦飯とお粥で生きた戦後っ子いまも暮らしは楽にならずや


 したがって、いつもお腹をすかしていたように思う。だからわたしたちは、山へ入ってイタドリやスイバを取り、塩をつけ齧っておやつにしていた。また、喰える木の実を見つけては、競って食べていた。野いちごやアケビ、山ぶどうなどは格好のおやつだった。それはそれは貧しい暮らしだったことを覚えている。つまりは戦争による経済の疲弊であり、あの頃の子どもたちも戦争の犠牲を食料難という形でこうむっていたのである。ところが、あれから半世紀以上経ったというのに、形を変えた貧困が日本社会に起こっている。現代の子どもの6人に1人は貧困状態にあると言われている。それは幼い子どもたちに責任があろう筈がなく、まさに政治・社会の貧困である。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。