スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルガモ

2016年5月15日(日) 曇り時々晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【カルガモ】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 カルガモというのは、メディアなどで取り上げられて、テレビなどにもよく登場する。その映像を観ていて、親鳥のあとを子どもがついて泳いだり歩いたりする光景は、なんとも微笑ましいものである。わたしもそのテレビを観ていて、じっとその画面を眺めることがある。それは親子の愛情がほほえましく写し出されているからだろう。わたしはめったにテレビは見ないけれど、こういう光景に出会ったりすると、釘付けになったりする。

短歌 (「新日本歌人」5月号に掲載)

カルガモが池の水面を切りてゆく冬の碧空映して青し


 そんな光景をわたしの町でも見かけたので、短歌をつくってみた。わたしの町の丘の上にふたつの池がある。わたしの町の平地から見れば、見上げるようなところにある集落である。その集落には週一回は必ず出向く。それは「しんぶん」の日曜版の配達に行くからだ。その時のことである。ふたつの池のうち上の池の方にカルガモがいたのである。カルガモが胸を突き出して、水面を切って泳いでいる。そして親鳥のあとを子どもがついて泳いでいる。なんとも愛らしい光景である。池の水面は青空を映して青く、とても清々しい風景だった。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。