スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍てつく朝に

2016年5月13日(金) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【凍てつく朝に】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わが家の駐車場には屋根をしつらえていない。したがって、露が降りたり霜が降ったりしたら、車の窓一面が覆われて、それを処理しなければならない。露や霜ならまだいいけれど、窓が凍りついたら大変である。駐車場のほとりに水道の蛇口があるので、ホースをつないで放水し溶かしたり湯をかけたりするのである。寒い日にはいったん溶かした氷がまた凍るという状態になる。

短歌 (「新日本歌人」5月号に掲載)

凍りつくフロントガラスに湯をかけて吾は出でゆく「しんぶん」配り


 冬の冷えた日には、そういう作業をしてからようやく「しんぶん」の配達に出てゆくことができる。やはり冬の「しんぶん」配りは厭なものである。しかし「しんぶん」を待っている人がいると思うと、弱気な心をうっちゃって、出かけるのだ。わたしも「しんぶん」は一日も欠かさず読むので、読者の心がよく分かる。冬を越えたら「しんぶん」配りもやっと楽になるけれど、しかし遅配はできないのでどうしても起床の時間が気になって、よく眠れないということがあり、いずれにしても「しんぶん」配りは大変な仕事である。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。