スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しんぶん」を配りつつ

2016年4月12日(火) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【「しんぶん」を配りつつ】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 次の短歌は、木曜日に「日曜版」を配りながら作ったものである。読んで頂ければ幸いである。

短歌

リビングの窓辺に寄ればウグイスの啼き声聞こゆ早春の朝

人間て桜が咲けば騒ぐけど眠っていると見向きもしない

山桜咲く丘の上眺むれば遠くかすみて瀬戸の海見ゆる

丘陵に桜の花が満ちみちてウグイスの声遠くで聞こゆ

桜咲く野山の道を老いを乗せデイサービスの車が走る

ウグイスの啼き声の降る坂道を「しんぶん」持ちて登りゆくなり

瀬戸のはて海霧が立ちて島々が幻想的に浮かびておりぬ

桜咲く丘陵のうえ空高くとんびが群れて輪を描きおり

境内の周りを囲む桜ばな寺のきざはし登りて眺む

ゆるやかなカーブを曲がればなだり一面菜の花の咲く

丘陵の桜の花を見あぐれば竜王山が聳え立ちたり


 「日曜版」は、普通1時間くらいで配り終えることができるのだが、短歌を作りながら配ると、2時間くらいかかってしまう。「あ!」と小さな発見をすると、車を道路の脇に停めて、メモ用紙を出しすぐに書き留めるのである。ここに挙げた短歌はまだ推敲のできていないものであるが、わたしがひと通り読んでみて、とくに直さなければならないようなものはないような気がする。車を走らせながら、指を折って作ったものである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。