スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧迫骨折

2016年4月4日(月) 雨のち曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【圧迫骨折】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 もう1カ月も前のことになるだろうか。わたしが外出から家に帰ると、「自転車から降りるとき、背骨がポキッと鳴って、背中がとても痛む」と妻が言った。あいにくその日は日曜日で、通院している病院では診て貰えなくて、他の病院へ行った。そしてレントゲンを撮ったのだが、骨には異常が見られないということで、何の処方もされずに帰ってきた。そして後日、通院している整形外科で医師に「ポキッと鳴った」と訴えたのだが、レントゲンを撮ることさえせず、痛み止めの薬を処方されただけだった。

短歌

脊柱の骨折写真を見せられてようやく痛さの原因を知る

脊柱の骨折をせし妻なれど見抜けぬ医師は手当てもなさず


 そして強い薬の副作用で、全身に湿疹が出て、皮膚科へいくはめに陥った。これではその整形外科は信用できないと思って、むかしわたしがお世話になった病院へ行って診てもらった。すると、MRIを撮ってみようということになって、そのフイルムには脊柱が3本も折れているのが映し出されていた。痛みの原因はこれだったのだ。1カ月も痛みで苦しんできたのに、前の整形外科では適切な処置がなされずにきたのである。脊柱が3本も骨折しているのに、見抜けなかったのである。見抜けなかったというよりは、レントゲンも撮らず放置してきたのだから、医師の怠慢というより他にない。こんな医師がいるのだから、患者はたまったものではない。医師はもっと患者の声に耳を傾けて、適切な処置をするべきである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。