スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい医師

2016年4月3日(日) 曇りのち雨

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【優しい医師】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わたしは30歳のころ、体調を崩してずいぶん苦しんだ。身体が鉛のように重くなり、朝目覚めても倦怠感に囚われていた。そして耳鳴りが起きわたしの集中力を奪っていった。その症状の原因がまったく判らず、わたしは内科や耳鼻科でおおくの検査を受けたが、異常なしとのことで、なんらの処方もしてもらえなかった。

短歌

精神科の優しい医師の声かけが悩む患者の心を癒す


 そこで思いついたのが、精神科の受診だった。医師はこれといった病名を伝えてくれなかったけれど、精神安定剤のような薬を処方してくれた。それをしばらく飲むと身体の倦怠感も消え、鉛のような身体もずいぶん楽になった。しかし頑固な耳鳴りだけは今でも時折鳴る。そのために2カ月に1回精神科へ出向き、薬を貰っている。そこの精神科の医師はとても優しくて、患者の言うことに耳を傾け、適切な助言をしてくれる。現代は患者の顔を見ずに、パソコンの画面ばかり覗いている医師が多いが、精神科の医師は患者と真向かって、その声を丁寧に聞いてくれる。それがどれほど患者の心を癒すことになっているだろうかと思う。他の科の医師もこのような姿勢で患者と向き合って欲しいものである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。