スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニ

2016年3月22日(火) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【コンビニ】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 先日、山田洋次監督の「家族はつらいよ」を観にいった。わたしの感想は、やはり、寅さんの「男はつらいよ」には勝てないという思いである。最初と最後の場面が見せ場だけれど、そこは見る人によく伝わる演出がなされていた。映画館は、倉敷のイオンの中にあるシアターだった。そこへゆく道中に、橋のたもとにあるコンビニが店を閉めていた。可哀想なことである。主人はおそらく数百万円の借金をかかえて店を畳んだに違いない。

短歌

橋下(はしもと)の派手なコンビニ店を閉め「売り物件」の紙が揺れてる


 コンビニの経営は、決して甘くない。店を出すのに少なくない金がいるし、店を出しても多額のロイヤリティーを取られるし、店の回転も主人が必死に働いて、かろうじて廻っている。聞くところによると、コンビニの7割近くがうまくいっていないということである。止めようにもやめられない店が多く存在するらしい。止めれば借金が残るだけだからだ。この短歌の店も痛々しい。イメージカラーの装飾は剥ぎ取られ、「売り物件」の紙がはがれ淋しそうに、風に吹かれている。橋下とは、橋のたもとのことだが、わたしは大阪のある政党のことをイメージして、その末路をこの歌に託して創ったつもりである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。