ゴッホの画集(2)

2016年3月18日(金) 曇りのち雨

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春




♪♪♪ 【ゴッホの画集(2)】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 齢を重ねてくると、友人とも深く付き合うということが少なくなってくる。お互いにそれぞれの生き方や生活が定まっており、それぞれがそれぞれに、自身の生き方をしているので、その生き方に干渉することもなく、遠くから見守るという趣になってくる。したがって、友人の行動や考え方に深く関わるということもなく過ぎていっている。それが齢を重ねたものたちの在りようでもある。そしてまた、人間や世界を広く認識することができるようになって、人の生き方を大きく包み込むことが可能になってくるからだろう。

短歌 (「新日本歌人」3月号に掲載)

また友といい争いて帰る日はひとりゴッホの画集をひらく


 しかし、時として友人といい争うことがある。そんなことはよしておけばいいと思うけれど、どうしても看過することができないことも起こりうる。そうなると、お互いが自身の思想や考え方を主張して、お互いに退こうとしない。そうなると、実りある論争とはならずに、不毛の議論になることが多い。そして和解できないままに別れることになる。そんな時、家に帰ってゴッホなどの画集を開いて観ることもある。そして自身のやりきれない想いを鎮めるのである。



スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター