団塊の世代

2016年3月10日(木) 曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【団塊の世代】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 先日、NHKのテレビを観た。わたしはテレビなどというもの、めったに観ないのだが、NHK、Eテレの「団塊スタイル」という番組は、気が向いたら見るようにしている。その中で、団塊の世代の悩みについて放映されていた。恋愛問題、生き甲斐の問題などの相談について、助言者が答えていた。その中で、わたしの心を惹きつけたのは、生き甲斐の問題だった。

短歌

虚しさは心が空洞になりており満たされぬとう団塊の世代


 団塊の世代というのは、昭和22年から24年に生まれた、ひとつの塊の世代のことである。その団塊の世代の人は、一般的にもう定年退職して、第一線から退いている。その中で生まれる悩みがあるというのだ。それは、時間はあっても、何か心が空洞で満たされないというのである。その悩みにはわたしも共感できるところがある。生きている実感、充実感、それが得られないというのである。わたしもそれを経験しているので、他人事(ひとごと)ではない。しかしわたしは短歌と出会うことによって、その悩みから救われた。まだまだ、歩み始めたばかりなので心もとないが、「短歌のある人生」を、創造してゆきたいと思っている。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター