春を待つ

2016年3月3日(木) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【春を待つ】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 春が待たれる今日この頃である。わたしは四季のなかで、もっとも厭な季節が冬なので、とりわけその気持は強い。今年は暖冬といわれながら、それでも猛烈な寒波などもやってきたりして、わたしは震え上がった。「金のなる木」やその他の花も、凍傷にかかったようになって、しおれてしまった。「金のなる木」は、求めて初めて花を咲かせたというのに惜しいことをした。

短歌

あと五日残っておれど三月の暦にかえて春を待つなり


 春を待つ気持が強いのだろうか、願望だろうか、わたしは2月が5日も残っているのに、早々と3月のカレンダーに変えた。それで春が早く来るということではないけれど、それは心の問題である。そのカレンダーを見ていると、3日が雛祭り、5日が啓蟄という風に、心を柔らかく、温かくしてくれるから不思議である。心に春がやってきたように思えるのである。春になるとわたしは大いに活動の量と幅を広げて、生きてゆきたいと思っている。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター