スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空模様短歌

2016年3月2日(水) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春




♪♪♪ 【空模様短歌】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わたしは短歌を始めた昨年の2月から殆ど毎日、3~4首の歌を詠んできた。しかしこれはなかなか大変なことである。わたしの友人は俳句結社の主宰をしているが、彼は会員たちに「一日一句」を提唱している。が、それが実行できている人は、皆無だそうである。いまはどうなっているか分からないが、いずれにしても、毎日一句なり一首創るということは、難儀なことに変わりはない。短歌にしても「一日一首」はかなり難しいことである。わたしも途方にくれて頭をかかえることも少なくない。

短歌

昼晴れて斜めに射し込む冬の陽が白い障子を黄金に染める

夕方に灰色の雲におおわれて細かい雨が降り出してきぬ


 しかしわたしは「一日一首」はもちろんのこと、一日3~4首創るのが夢である。そこで考えたのが、「空模様短歌」である。つまり、毎日天気のようす、そのぐあいを歌にするということだ。天気は365日、一日たりとも同じということはない。毎日変わる空模様を歌にしてしまおうという試みである。この試みは、自然に対する感受性、感性、ひいては人間や社会に対する関心や好奇心を醸成するに違いない。このような自然や人間、社会に対する感受性は、短歌を創ってゆくうえで、とても大切なことである。とにかくわたしは、より多く歌を詠うことをめざしてゆきたいと思っている。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。