スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の貧困

2016年2月17日(水) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【日本の貧困】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 テレビでやっていたのだが、若い人たちの子どもを産みたい希望は、2~4人である。ところが、0~2人にとどまっている。その理由を尋ねていたが、その最大のものは、経済的理由によるものである。子ども育てるために必要な費用は、生活費などはもちろんであるが、保育・教育などに多額の金を要する。そして、顧みて自家の収入を眺めるとき、とても希望するだけの子どもは産めない、ということになっている。

短歌

金なくて子が産めないという異常 経済大国日本の貧困

子を産めぬ主たる原因は経済的理由によると若きらの声


 日本は世界で有数な経済大国である。そんな国で、望むだけの子どもを産めないということがあっていいのだろうか。わたしの棲む町は、人口約5500人で、有権者は実に4700人にものぼる。つまり、未成年者が圧倒的に少ないのが現状である。この現実は少子化を如実に物語っている。その主たる原因は、若い世代の貧しさにある。そして、その根っこにあるのは、経済大国、日本の貧困である。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。