スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如月の海

2016年2月8日(月) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春




♪♪♪ 【如月の海】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 二月の瀬戸の海はいろんな表情を見せる。言ってみれば、一日として同じ表情はないということである。短歌で詠ったのはごくごく一部の瀬戸の海だ。寒波がやってきて北風が吹くと、空は鈍色(にびいろ)に垂れ込め、波立ち荒れるという表情も持っている。海には三角波が立ち、多喜二が書いたように、兎が飛ぶような表情も見せるのである。また、荒れるということはないが、鈍色の空と鈍色に沈み込んだ静かな姿も見せる。そうなると水平線はけぶって、空と海が溶け合うのである。

短歌

鈍色に垂れ込めた空鈍色に波立ちうねる如月の海

鈍色に垂れ込めた空鈍色に深く沈んだ如月の海


 そして天気のいい日には、瀬戸の海は「ひかる海」となる。冬の陽射しが射し込んでくると、蝶が乱舞しているようにきらめく。光りのカケラが、まるで蝶が舞っているように耀くのである。わたしはその蝶を飽くことなく見守っていたりする。その海は春の予感をともなって、たゆたっている。このように瀬戸の海は、いろんな表情をわたしたちに見せるのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。