スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主婦ひとり立つ

2016年1月26日(火) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【主婦ひとり立つ】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 先日の寒波襲来(19日)のときには、わたしの海の町でも小雪がちらついた。この瀬戸内では風花が舞うということも滅多にないのだが、この日には北風に乗って小雪がちらついていた。隣りの町で国道2号線のバイパスを建設中でそこに偶然出くわした。土木現場に目をやったら、男たちに混じってピンクの服を着た人が動いているのが見えた。わたしには主婦のようにしか見えなかった。その主婦が男たちに混じって、懸命に働いている。

短歌

風花の舞う寒き日に男らの土木現場に主婦ひとり立つ

喰うがため土木現場に主婦ひとり男に混じりスコップ握る


 小雪がちらつく中で、ピンクの服の主婦が土木現場でひとりあちこちと動いている。わたしはその主婦とその家庭のことが、すぐに頭をよぎった。どうして彼女は、土木現場で男たちに混じってひとり働いているのだろうか。今は「土木・建築女子」といって、男たちの中で現場監督をしている人、めざしている人も少なくない。それを「どぼじょ」というらしいが、しかしそれを志している人にとっては希望があるが、「喰うがため、生きるため」に土木現場でスコップを握るというのは、少し辛いに違いないと思えてしまう。わたしにはその主婦が健気に思えて仕方ない。まさに「健気なり」である。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。