スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍りつく窓

2016年1月22日(金) 曇り時々晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【凍りつく窓】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 一週間ほど前から急に寒くなってきた。わたしにとっては、とても厭な季節である。それは「しんぶん」配達をしているからだ。わが家の駐車場には屋根がない。したがって、氷点下まで気温が下がると、たちまちフロントガラスをはじめ、車の窓が凍りついてしまう。「しんぶん」配達の前にする仕事は、窓ガラスの氷を溶かすことである。

短歌

凍りつくフロントガラスを湯で溶かしさあ出かけるぞ「しんぶん」配達

湯をかけて溶かせど凍る窓ガラス氷点下の朝「しんぶん」配る


 その方法は魔法瓶の湯を掛けたり、水道水をホースで掛けたりしている。いまはほとんど、ホースで勢いよく水を噴射させて溶かしている。しかし気温は氷点下なので走っていると、また凍ってくる。そこでワイパーを作動させたり、エアコンを使って氷を溶かしたりしている。車の窓が一部でも凍りついていると、周りがよく見えなくてとても危ない。蛍光帯などつけないで、ウオーキングをしている人や犬の散歩をさせている人がいるからだ。ひやりとすることも少なくない。が、わたしは凍りついた窓に水道水をかけて、「さあ、出かけるぞ」と呟いて、「しんぶん」配達に出発する。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。