スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月

2016年1月13日(水) 曇りのち晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【正月】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 子どもがそれぞれに巣立って、妻とふたりきりになってから、わたしは世間の行事というものに、ずいぶん疎(うと)くなってしまった。季節ごとの行事や町で催されるいろんなイベントにも無関心で、遣り過ごすことが多い。一年でもっとも大きな節目である正月さえも、無頓着でただ過ぎてゆくのを待つだけという状態である。それなりの準備はするけれども、最小限のことにとどまっている。

短歌

それぞれに巣立った子どもが帰りくる正月という匂いを連れて

正月はどこにあるかと思いしが子や孫たちが連れてくるなり


 しかしわたしがひっそりと時を過ごそうと思っていても、正月は外から子どもや孫たちが連れてくる。今年も4人の子どもと7人の孫たちがやってきた。正月はどこにあるのだろうか? という思いでいるわが家に、彼ら彼女らが正月の風と匂いを連れてやってくるのである。2階のリビングは彼らに占領されて、わたしは室の隅のほうで小さくなっている。淀んだわが家の空気に彼らは新しい風を吹き込むのである。わたしは室の隅で、「ああ、これが正月というものか」と、人ごとのように眺めている。彼ら彼女らの活気に満ちた息吹が、わが家に正月というものを運んでくるのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。