大晦日

2016年1月9日(土) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春




♪♪♪ 【大晦日】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 ふるさとの訛りなつかし
 停車場の人込みの中に
 そを聞きに行く


 これは石川啄木の有名な歌であるが、わたしもこの大晦日に、これによく似た心境になった。わたしは大晦日の2~3日前までには、大掃除や墓参り、年賀状書きやお飾りの準備などなどすべて終えて、あとは新年を迎えるだけになっていた。このような支度は近年にないことだった。多分、心持ちが前向きになって、新年に期する何かがあったからだろうと思う。

短歌

「ああこれが大晦日というものなのか」スーパーのレジの列に並びいる

大晦日そを感じたく梨ひとつ持ちスーパーのレジに並びいる


 したがって、大晦日には何もすることがなく、手持ち無沙汰になって退屈な時間を過ごしていた。そこで思い立ったのが、「大晦日の雰囲気を嗅ぎ、触れたい」という衝動に駆られたのである。そこでわたしはすぐに車を出し街に出かけていった。ガソリンスタンドに寄り、百均の店舗に立ち寄った。そして比較的大きいスーパーに入っていった。どの店舗でも行列ができ、ショッピングカートもないような状態だった。レジでは長い行列ができていた。わたしは「ああ、これが大晦日というものなのか!」というのを、肌で感じ妙に納得して家路についたのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター