スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠りから覚む

2015年1月4日(月) 晴れのち曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【眠りから覚む】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 岡山県には県北を除いて低い山が多い。岡山の名称の由来は、丘のような小高い山が多いところからきているという説があるくらいである。つまり丘山なのである。わたしの棲む周辺の山も低い山が連なっている。短歌で詠んだ竜王山というのは、標高300メートル余で、周りでは高いほうである。子どものころ、この山は畏敬と畏怖の対象であった。この山に登ることが、少年から思春期への登竜門のようなところがあった。

短歌

闇が溶け東の空が白むころ竜王山は眠りより覚む


 今でもこの竜王山は、周りの山から抜きん出て、聳え立っている。わたしの子どものころは、この山に松茸やメジロを取りに競って入っていたが、いまではほとんど登る人がいない。したがって、山は荒れ道も消えているような状態である。以前には風呂やかまどの「たきぎ」を取りに入っていたから、山は荒れるということもなく、片付いていたが今は荒れ放題である。そんな山だが夜が明け空が白むころになると、竜王山はシルエットとなって、深い眠りから覚めるのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。