スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館にて

2015年12月30日(水) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪ 【図書館にて】 ♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わたしの町の図書館は海に向かって開いた窓に添って、閲覧用の机が設置されている。椅子に座れば瀬戸内海が一望できるのである。こんなに恵まれた図書館もめったにないに違いない。だから、本や雑誌を投げ出して、しばらくぼんやりと海を眺めることも少なくない。カモメが飛び、漁船が白い尾を曳いて滑るように走ってゆく。ときには比較的大きい魚が飛び跳ねて、波紋をつくるのが見える。

短歌

図書館の窓に広がる青い海 本も雑誌も読まず眺める


冬の日に小島のようなタンカーが図書館の窓を横切ってゆく

 私の町の東には、日本でも有数なコンビナートがある。倉敷市水島の臨海工業地帯である。製鉄所、自動車製造工場、製油所などなどが広大な土地を占有している。そこへ出入りする貨物船が終日行き交っている。なかでもタンカーは巨大である。海を眺めていると、小島のようなタンカーが図書館の窓をゆっくりと横切ってゆく。また、海の果てに白く輝く瀬戸大橋が倉敷から四国へと貫いている。近隣の街からそれをひと目見ようと、やってくるくらいである。図書館から眺める海は、決して飽くということがなく、さまざまな風景を見せてくれるのである。



スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。