スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモメが騒ぐ

2015年12月22日(火) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春



♪♪♪【カモメが騒ぐ】♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 わが町の漁(りょう)は、ほとんど底引き網漁である。瀬戸内海は遠浅で、水面下の底が平らになっているということと関係しているのかも知れない。わたしは実際の底引き網漁に乗り合わせたことはないが、観光漁で何回か経験している。網を海に投じるとエンジンのパワーをあげるのだが、速度は極端に落ちる。やはり網を曳くというのは相当な負担がかかるのだろう。

短歌

黄昏に底曳き網を揚げるとき船を追いきたカモメが騒ぐ


 網を曳いてゆくと、カモメが白い翼を羽ばたかせて、そのあとを追って来る。カモメという鳥は、鴉(からす)などと違って、美しくその生態も上品に思っている方がいるかもしれないが、しかしその趣きはずいぶん違う。テレビの映像や絵画などでは美しく描かれることが多いが、餌を前にするとすっかりその姿を変える。底引き網漁の船を追尾してきて、網を揚げるときになると、カモメが群れ立って、いっせいに騒ぎ出す。優雅に見えるカモメが態度を一変させ、獰猛(どうもう)になるのである。やはり彼らも生きるために必死なのだろう。網を船に引き揚げると、カモメはいっせいに騒ぎ出すのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。