スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の陽射し

2015年12月18日(金) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。 千春




♪♪♪【冬の陽射し】♪♪♪ (短歌とエッセイ)

 人間が日々生き、暮らしていくというのは、なかなか大変なことである。大病でなくても、虫歯になって痛くなったり、風邪を引いたりして熱や咳に悩まされる。また、経済的な悩みも尽きることがない。収入は減ってゆくのに支出ばかりが増えてゆく。たとえばわが家では築18年になるので、色んな器具、エアコンやガスレンジ、灯油のボイラーや洗濯機などが替えどきにきている。またいろんな人間関係にも悩まされる。

短歌

哀しくて生きてゆくのが辛い日は冬の陽射しが悩みを溶かす


 そんな生きてゆくのが辛い日が日々生起するのが人間生活というものだろう。そんななかを人間は、ひたすらに懸命に生きている。そういう辛い日にリビングでうつうつと過ごしているとき、冬の陽射しが部屋に斜めに入ってきたりすると、身体だけでなく心まで温めてくれる。そこで小さな倖せを感じることができる。小さな悩み、大きな悩みを冬の柔らかい陽射しが溶かしてくれるのだ。そこで人間は、「さあ!」と半歩、一歩と足を踏み出してゆくのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。