スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄泉の国

2015年11月18日(水) 雨時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。
 千春

★ 『黄泉(よみ)の国』★ (短歌とエッセイ)

 わたしの町には各地域にスピーカーを設置してある。そのスピーカーで町のほとんどの行事が知らされる。たとえば、「海と魚の祭典」や「花火大会」、消防団の諸行事などである。それとともに、死亡した人の報せがあり、通夜や告別式の会場や時間が流される。先日にはわたしの同級生の名前がスピーカーで告げられた。まだまだ若い68歳である。68歳といえば、定年になってこれから人生の第2幕が開(あ)くという年齢である。心不全で意識を喪い数日後に亡くなった。またひとり、黄泉の国へと旅立ったのである。

短歌

またひとり黄泉の国へと旅立ちぬああ哀しわが同級生なり

明日われは六十八になるけれどまだ残したる短歌の仕事
 

 わたしの同級生は両手に余るほど鬼籍に入っている。小さな町でそれだけの人を喪っている。しかしわたしはまだまだこれからだという想いを強くしている。先日、Eテレで90歳代のアスリート、60歳代のモデル・歌手、99歳の精神科医が紹介されていた。これらの人たちは、晩年のステージで輝いて生きている人たちである。わたしも彼女たちと同じように、生きてみたいという心持ちが湧き出ている。わたしには67歳から始めた短歌がある。歌集の2~3冊は出したいという希望を持っている。まだ黄泉の国などわたしには縁がない。第2ステージを存分に生きてみたいものである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。