スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚市場

2015年11月14日(土) 雨時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。
 千春

★ 『魚市場』★ (短歌とエッセイ)

 わたしの町には三つの漁港がある。むかしには漁師町といわれるくらい、それで生業(なりわい)を立てている家が多かった。その頃には町に勢いがあった。1万人(現在は5千5百人余)余の町であったが、劇場がありパチンコ屋もあった。大相撲の巡業を町に呼ぶ勢いもあり、町の漁師たちは「荒くれ」で近隣の町村の人たちに恐れられていたこともあった。しかし、近くにコンビナートができ、その廃液で漁場は死んだようになった。そして生活排水がそれに輪をかけることになる。だが、いまも漁業を生業にする家も少なくない。

短歌

朱の空に村は目覚めて動き出し浜の市場は賑わいを増す


 むかしは夜、漁に出てゆくことが多かったがいまは朝、漁に出てゆき夕方帰ってくる。東の空が白み始めると一斉に漁船が三つの港から出てゆく。そして、東の島影が朱に染まるころ、町は深い眠りから覚め、魚市場も賑やかに競(せ)りがおこなわれる。魚市場を覗くと、町の男たちが懸命に立ち働いている。わが町に活気がみなぎる時間であり、こうしてわが町の一日が始まるのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。