散髪にゆく

2015年11月1日(日) 晴れのち曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。
 千春

★ 『散髪にゆく』★

 女性のことは良くわかりませんが、女性は髪をとても大切にして、ヘアケアもぬかりなくやっているように思える。わたしなどは無頓着で、毎朝、寝癖を直す程度である。しかし男性だといっても、手入れを入念にする人も少なくない。わたしだって、髪が乱れていれば気になるし、人前に出るのが億劫(おっくう)になる。そして自信をもって人前で振る舞うことができない。

短歌 (「新日本歌人11月号」に掲載)

上半期終え来し方を振り返り心新たに散髪にゆく


 女性は失恋したり、新しいことに挑戦したりするとき、髪をバッサリ短くしたり、あるいは髪形を変えたりするというのを聴いたことがある。男性もそれはほとんど変わらないように思う。男性一般にしてしまうと、誤解を与えてしまうといけないので、「わたしは」ということにしておきたい。わたしは6月30日に理容院に行った。それはちょうど半年が終わり、明日から後半の半年が始まるからである。そこには新しい気持ち、決意が秘められていた。正月前にも行くが、それは新年をよりよく迎えるという心持ちからである。こう考えると、女性も男性も新たなることに向かおうとするとき、美容院や理容院に行くということだろう。髪の手入れや理美容院にゆくということは、すぐれて精神・心の問題のように思える。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター