スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥が落ちる

2015年10月31日(土) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。
 千春

★ 『鳥が落ちる』★

 みなさんは見たことがあるでしょうか。「鳥が落ちる」のを! 正しくは鳥が落下するように見えるということなのですが、そんな経験はありませんか。わたしはそんなことによく出くわす。たとえば、2階の書斎にいて、何気なく外を眺めていたりすると、まるで小石がサアーッと落ちたと感じる。それも垂直に落下するのだ。

短歌 (「新日本歌人11月号」に掲載)

垂直に落下するごと鳥が落つ窓に映りてまた飛翔する


 「あ!」とわたしは声を挙げる。「小石が落ちた」と思う。ところが、すぐに窓をよぎって鳥がふたたび飛び立つ。小石だと思ったのはそうではなくて、小鳥だったのだ。小鳥はなぜ垂直に落下するのか。餌さでも見つけたのだろうか、あるいは小鳥のたわむれなのだろうか。一瞬、小石だと思う、そして小鳥がすぐに飛翔する。それはひとつの感動である。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。