スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッケシソウ

2015年10月29日(木) 晴れのち曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

 ブログをお持ちの方のご訪問につきましては、毎日訪問させて頂いていますので、どうか今後ともよろしくお願い致します。なお、お持ちでない方への訪問はできませんが、ひきつづきご愛顧を賜りたく存じます。

 拍手コメントには、ご返事できていませんが、拝読させて頂いています。これからもどうぞお気軽にお寄せ下さい。
 千春

★『アッケシソウ』★

 「アッケシソウ」、この言葉を聞いてどのくらいの人が分かるでしょうか。たぶん初めて耳にする方が多いのではないでしょうか。それは日本国内ではめずらしい植物であるからだ。「アッケシソウ」は、アカザ科・アッケシソウ属で、名前の由来は1891年に北海道厚岸(あっけし)町の牡蠣(かき)島で発見され、その町名をとり命名されたものである。サンゴソウ・ヤチサンゴ・クラブグラスは別名である。北半球に広く分布し、日本では現在北海道・岡山県寄島町・香川県で生育が確認されている。わたしの棲む寄島町は本州唯一の自生地である。海水の流入する塩湿地に生育する1年草で、10~40センチになる。秋には全体が緑から紅色に変わってくる。

短歌

夕焼け色に深く染まりて一面にアッケシソウが燃え立ちている


 先日、現地に見に行った。少し遅かったので、紅色はすこし褪せていたが、それでも赫く染まっていた。そこは海を埋め立てた干拓地で、塩水が滲み出ているので、「アッケシソウ」の生育条件が備わっているのだろう。寄島町民は「アッケシソウ」を誇りにし、大切に見守り育てている。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。