ふるさと(8)

2015年10月24日(土) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「ふるさと(8)」

ふるさとの山に向ひて
言うことなし
ふるさとの山はありがたきかな

石をもて追はるるごとく
ふるさとをい出しかなしみ
消ゆる時なし


 これは石川啄木の歌であるが、「ふるさと」は優しさと厳しさをもっている。

短歌

古里の海は吠えるだけああ悲し旅に疲れたわれを拒絶す


 わたしもまた「ふるさと」の優しさと厳しさを経験している。わたしも高校を卒業すると、「石をもて追はるるごとく」、「ふるさと」を逃げていったことを憶えている。わたしの場合は、追われるという一面と、もうひとつは「ふるさと」を捨てる、というふたつの面があった。厳密にいえば、村の保守性や後進性に対して、嫌気がさして「ふるさと」を捨てて、逃げていったというのが正しいだろう。
 しかし、わたしは街での暮らしに疲れ、病気になってしまった。精神安定剤を飲まなければならないような身体になってしまったのだ。わたしは行くところがなかった。そんなわたしを迎えてくれたのが「ふるさと」である。つまり、わが「ふるさと」は、厳しさと優しさをもっている。


ふるさとの海に向ひて
言うことなし
ふるさとの海はありがたきかな


 これがいまのわたしの心境である。



スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター