スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまよう日々

2015年10月17日(土) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「さまよう日々」

 わたしは若いときに、あちこちへひとり旅をしたものである。短歌に詠ったように、函館、津和野、萩を初め信州、隠岐の島、京都、小樽などを訪ねた。函館は石川啄木、小樽は小林多喜二を偲んでの旅であった。その頃わたしは烈しく悩んでいた。自身の生き方に確信がもてなくて、人よりも劣っているという呪縛に囚われていた。

短歌

若き日に生き方求め旅をする函館・津和野・萩を彷徨う


 ひとり旅は自分探しの旅だった。二人、三人という、あるいは集団の旅では、決して自分探しはできない。そのころ、ふっと死ということも頭をよぎってゆくことがあった。錠剤を買い求めようとしたこともあったが、薬局のおばさんに断られたこともある。ひとり旅の思い出は、わたしの心の内に深く刻まれている。わたしの青春時代は、さまよう日々であった。ということは、自分の人生をよりよく生きたいという、渇望があったということだろう。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。