辛かっただろうね

2015年10月16日(金) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「辛かっただろうね」

 近所の25~26歳の娘さんである。職場で何かあったのだろう、大学を卒業して最初に勤めた会社を辞めてから、家に引きこもるようになった。父母、祖母ともとてもいい人たちで、町内会でも羨ましいような家庭であった。しかし社会の苛酷な荒波にさらされて、リタイアしたのである。その娘はとても優しくおとなしい人柄の持ち主である。

短歌

エンジンの音かろやかに響かせてニートの君が仕事に出てゆく


 そして、1年余引きこもっていたが最近、新しい職場へ勤めるようになった。3交代制の仕事場で、日勤務、準夜勤務、深夜勤務のきびしい職場である。その彼女が車のエンジンをかけて、軽やかな響きを残して家を出てゆく姿は感動的である。いままで、どれだけ辛かっただろう、苦しかっただろう、それを彼女は乗り越えて、外へ出てゆくようになった。彼女の心の中で烈しい葛藤があったに違いない。そして彼女の心が動きだしたのである。わが娘ではないがその心の在りよう、変化に拍手を送りたいと思う。引きこもり、ニートからの脱出である。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター