スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスモス

2015年10月9日(金) 晴れのち曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「コスモス」

 次の短歌はフィクションのような、あるいはノンフィクションのような歌だが、わたしのお気に入りの歌である。それを「新日本歌人」がとってくれて、嬉しく思っている。これも遠い日の懐かしい物語である。わたしは線路沿いの古びた安アパートに棲んでいた。6畳ひと間で共同便所、風呂はなかった。そこへよく「君」は遊びにきていた。青春のひとコマに彩られた日々であった。

短歌 (「新日本歌人」10月号に掲載)

歯ブラシとカップ残して君は去る始発電車はコスモス揺らす


 「君」は「結婚したい」といってくれたが、わたしは決断することができなかった。お互いに26~27歳だった。わたしはまだ自分の生き方が定まっていなかった。仕事には就いていたが、果たして自分の生涯をかけてやる仕事だろうかと悩んでいた。「君」はそんな曖昧なわたしに愛想を尽かして遠い街に去っていってしまった。コスモスの花が風に揺れる情景と「君」が去ってゆく姿が重なるのである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。