スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんざめく蛙

2015年10月8日(木) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「さんざめく蛙」

 田んぼに水が入る頃になると、急に蛙が鳴き出すから不思議である。蝉が鳴き出すよりもひと足先である。蛙の幼生はオタマジャクシで、卵から1~2カ月くらいで蛙になる。蛙は人間生活に近い存在で、田や雨の神ともいわれている。蛙の活動期は5~9月頃だそうで、その時期が繁殖期でもある。

短歌 (「新日本歌人」10月号に掲載)

さんざめく蛙の鳴き声求愛の喉震わせて夜の闇裂く


 蛙はなぜ鳴くのだろうか。昆虫や鳥が鳴いたり、光ったりするのは、だいたい求愛行動だと言われているが、蛙もその例にもれない。彼らは田植えの前後にひたすら鳴きつづける。それもやはり求愛行動である。子孫を残すために彼らは必死なのである。わたしが書斎にいても、夜になると蛙たちのさんざめく鳴き声が聞こえてくる。彼らは夜の闇を切り裂いて鳴くのだった。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。