スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち尽くす墓碑

2015年10月6日(火) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「立ち尽くす墓碑」

 わたしの町は坂の町である。町の前は入江になっていて海が広がっている。そして背後にはなだらかな山が連なっている。その山がなだれ落ちるように海までつづいている。したがって、家々は海岸線から山へ山へと軒を連ねている。その山の中腹を一本の道が貫いている。海を眺めようと思えば、その道が格好の場所である。

短歌 (「新日本歌人」10月号に掲載)

戦死墓何も語らず立ち尽くせりはるかルソンを見つむる如く


 そこがわたしの散策の道である。しかしその道のすぐ下には地区ごとの墓地が点在している。その道から墓地を眺めると、戦死墓が多いことに気づかされる。日清戦争から太平洋戦争の敗戦までに、わたしの町の330人余の若者が戦死している。それらの若者の戦死墓である。墓地に下りて刻まれた文字を読んでゆくと、やはりルソン島をはじめとした南方で亡くなっている方が多い。その戦死墓は無言で戦争の悲惨さを告げている。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。