スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れ得ぬ人

2015年9月27日(日) 晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「忘れ得ぬ人」

 わたしの人生で「忘れ得ぬ人」は、幾人もいるけれど、とくに挙げるとすれば3人である。ひとりは高校時代の世界史の先生、ふたりはわが青春を彩った女性教師、あとひとりは文学の師である。わたしを文学の道に導いた人は、若くして亡くなってしまった。この導きの人は今でも思い出すと辛いし、同時にわたしの「小説や短歌」を読んで欲しいという思いがある。

短歌

あの空でまたたく星は君なりき夭折の友はコミュニストなり


 その人はわたしが20代の頃、「小説を書いてみないか」と誘ってくれた人だ。それまでわたしは詩を書いていたのだが、小説の世界へ導いてくれたのがその人である。彼は文学だけでなく、科学的社会主義の理論を深く身につけた人であった。その理論を押し付けるようなことはなかったけれど、自然にわたしは彼の世界観から学ぶようになっていた。その彼は夭折してしまった。時が経つにつれてわたしの中で彼の存在が大きくなってゆくのを感じる。人間の死というのは不思議なもので、歳月を経るにしたがって、わたしの中でその存在がふくらんでゆくのである。あの空でまたたいている星のひとつは、彼であろうと信じている。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。