スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼藤千春

2015年9月12日(土) 曇り時々晴れ

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「鬼藤千春」

 ある短歌の本を読んでいたら、自分の名前を歌に盛り込んで「詠ってみろ!」と、いうのがあった。わたしの名前は鬼藤千春だ。それを歌に組み込ませて短歌をつくるなんて、とてもできそうにない、と思っていた。まだわたしは短歌の初心者だ。あまりに無茶な注文のように思えたが、「まあ、気楽にやってみよう!」ということになった。

短歌

まだ若い鬼藤千春氏逝くまでは夢を持てよとわれを励ます

はるかなる「夢を捨てるな」逝くまでは鬼藤千春よまだまだ若い


 それで出来たのが上記の歌だ。俳句のように季語もないし、とにかく五、七、五、七、七にまとめたものである。もちろんわたしは、短歌に対して「憧れの歌」を抱いていて、「こういうものが詠いたい!」という希望をもっている。が、このような短歌の遊び心も必要なような気がする。それを通して自分のめざす短歌に近づけたら幸いである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。