スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦後70年

2015年8月22日(土) 曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「戦後70年」

 今年は戦後70年である。15年戦争と呼ばれる長い戦争を経て、1945年8月15日に終戦を迎えた。もちろんわたしは戦後生まれなので、戦争の体験はない。しかし戦後の苛酷な食料難は経験しているし、1960年頃まで戦争の傷痕は、わたしの生活にも影響を与えていた。戦争から庶民の暮らしが立ち直るまでには、10年~15年の歳月が必要だった。

短歌

「歴史はその巨大な頁をめくった」と終戦の日を書いた百合子よ


 宮本百合子はその戦争と終戦をどのように捉えているのだろうか。小説「播州平野」では、終戦の日のことを次のように描いている。「日本中が、森閑として声をのんでいる間に、歴史はその巨大な頁を音もなくめくったのであった」これは小説の中での一節であるが、作家としての百合子の実感に添っているような気がする。そして戦後を歩み始めたのである。
 今までも戦前へと回帰する現象はいくつもあったが、今日ほど戦争か平和かが鋭く問われたことはなかった。「巨大な頁」とは戦争から平和への歩みをも意味する。わたしたちは決してその逆流を許さず、ゆるぎない平和への道を歩みつづけたい、と希うものである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。