スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夾竹桃

2015年8月18日(火) 曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「夾竹桃」

 お盆に父と母の墓参りをした。日頃はほとんど思い出すこともない亡き父と母であるが、墓参りのときにはふたりのことが甦ってくる。父と母はまったく逆の性格をしていた。母は活動的でよく喋る方だったが、父は反対にほとんど喋らない人だった。しかしわたしはよく喋る母よりも、寡黙な父の方が印象に強く残っている。

短歌

墓参り夾竹桃の道をゆく寡黙な父の声よみがえる

墓参り寡黙な父の声がするめしより好きな酒を手向ける


 父は15年戦争の間に3回も徴兵されている。まさに父の青春期は戦争の渦中にあった。人のかけがえのない人生を、殺し殺される戦争へと駆り立てた国の不条理を思わないわけにはいかない。そうした国家の犯罪ともいえる戦争を二度と許してはならないと思う。しかし日本の国は、ふたたび戦争への道を歩もうと画策されている。父の苛酷な青春を思うとき、いま参議院で審議されている戦争法案は、必ず葬り去られなければならない。墓参りをすると、寡黙な父の声が甦ってくる。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。