スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の黒髪

2015年8月12日(水) 曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「君の黒髪」

 今日の歌は相聞(そうもん)歌である。相聞歌とは、ご存知のように狭義には恋愛の歌ということができる。しかし、わたしのこの歌は想像上のものである。普通短歌は実際に合ったことを詠うものだ。だが創作、つまりつくりごとは駄目だというものでもない。今までもこれからも虚構の歌は存在してゆくことになるだろう。

短歌

匂い立つ君の黒髪イメージし窓の明かりを見上ぐる夜更け

闇の中明かりが灯る北の部屋窓に浮き立つ君の影ひとつ


 この歌は実際に見た窓明かりがモチーフとなっている。そのモチーフを手がかりに創作した歌である。短歌の世界では相聞歌は大きな位置を占めている。俵万智の「サラダ記念日」もその多くが相聞歌である。短歌は恋愛を描くのにふさわしい型式だ。これからもわたしは相聞歌に挑戦してゆくことになるだろう。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。