黒蝶が舞う

2015年8月10日(月) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「黒蝶が舞う」

 黒蝶といえば「不気味」さを象徴するような印象をわたしは持っている。最近、わたしはその黒蝶によく遭遇する。森影の滝であったり、山道の竹林であったりする。決してわたしは黒蝶を厭(いと)っているわけではなく、むしろ美しいと思っている。だから、黒蝶が飛んでいるのを目にすると、視界から消えてゆくまで、あとを追っている。

短歌

燃える夏軍靴のひびき迫りくる翅ふるわせて黒蝶が舞う


 その黒蝶と重なるイメージは、安倍政権がすすめようとしている(安保法制)戦争法である。その戦争法と重なるとき、黒蝶は不気味さに変わる。戦争法案の行方は予断を許さない。わたしたちひとりびとりが、声を上げて法案の慎重審議を求め、憲法違反であることを、広く深く訴えてゆくことが求められている。



スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター