スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

這いずりながら

2015年7月29日(水) 晴れ時々曇り

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「這いずりながら」

 最近、ふたつの光景に遭遇した。ひとつは老女ふたりが、畑の斜面に這いつくばって草をぬく光景である。炎暑の日だった。30度を超えて猛烈な暑さの中、老女が斜面の畑を這いずりながら、草を抜いている。そんなにしてまで草を抜かなければならないのか、という疑問が湧くような光景だ。が、その老女のひたむきさに感動する。

短歌

炎暑の日媼(おうな)ふたりが這いながら憑かれたように草を抜きおり

戦争法媼(おうな)の覚悟たとえ倒れ這いずろうともデモに出でゆく


 ふたつには、もう傘寿を迎えようとしている老女が、反戦争法と反核のデモに出かけるという光景である。「まだらボケ」するような老女であるが、そのデモの日はしっかり覚えていて、使命感のようなものがひしひしと伝わってくる。「無理をしないで」とわたしなどは止めるのだが、それを押してデモにゆく。「決して日本を戦争する国にしてはならない」と、きっぱりといい放つ老女である。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。