うぐいすとほととぎす

2015年7月23日(木) 曇り時々雨

 ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「うぐいすとほととぎす」

 わたしの町は田舎といってもいいでしょう。が、片田舎というにはすこし違っているような気がする。とくに「へんぴな村里、田舎」というわけでもない。しかし田舎であることには変わりがない。ところがわが家の周辺には、小さな自動車整備工場、小さな縫製工場、小さな木材工場、そして終日鳴く犬の住宅がある。

短歌

ひもすがらほととぎす啼くひもすがら吾は書斎で読書するなり

ひもすがらほととぎす啼く吾ひとり北の書斎で綱領を読む


 それを三十一文字(みそひともじ)で表現するとこうなる。

しゅーしゅー
トントンきぃーん
ワンワンと
わが家のまわり
騒音のうず

 できうるなら、わたしはこの地から引越ししたい。夜はもちろんこのような音はしないけれど、わたしはほとんど終日書斎にこもっているので、この音にはうんざりだ。読書にはそれなりの集中力が求められる。が、これらの音がそれを妨げる。そんな中にあって、ほととぎすやうぐいすの鳴き声は、いらだつわたしの神経を癒やしてくれる。



スポンサーサイト
リンク
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 「人生七十古来稀なり」の古希です。
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター