スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぼろしの声

2015年6月29日(月) 晴れ

ようこそ、当ブログにご訪問いただきまして、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

「まぼろしの声」

 父と母が亡くなって久しい。ところが、ふとふたりのことが甦ってくることがある。いまわたしがこうしてあるのは、やはり父と母の生き方が大きく反映しているように思えてならない。ふたりが生きた時代は、民草にとって厳しく生きづらい社会だった。父は戦前3回も徴兵されて、中国大陸などに赴いている。母はその銃後を守って懸命に働き生きてきた。

短歌

いまだから許せる父と母の生社会の渦に呑まれたふたり

母父の眠れる墓に酒菊をまぼろしの声耳澄ましおり


 戦後は貧しさとのたたかいだった。それは社会の貧しさでもあり、ふたりの所為(せい)ばかりとはいえなかった。社会と我が家の貧しさゆえに、いさかいは絶えることがなかった。それを思うと母父に憎しみさえ抱くことがある。が、父と母はいま山ふところに抱かれて、朝日を浴びうぐいすの鳴き声を聴きながら、静かに眠っている。白菊と酒を手向けるわたしである。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの68歳で、
「新日本歌人協会」の会員です。
 短歌創作を通じて、平和と民主主義をめざしています。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。