短歌を詠む

2015年6月4日(木) 晴れ

「短歌を詠む」

枝の先冬芽するどく光ってる
      明るい方へまっすぐ伸びる
              「新日本歌人」掲載


 図書館で本を読んでいました。瀬戸内海はたいてい穏やかな海で、鏡面のような姿を見せています。しかし、そんな海も空も荒れることがあります。先ほどまで空は晴れていたのに、急に様相が変わるのです。やはり自然の営みは予測がつきません。不意に本の手元が暗くなってきました。

青い空
たちまちにして
鉛色
雲の一群
動きは疾し

 空が一瞬にして灰色になって、雲は速く動いてゆきます。その雲の流れを、目を凝らして見ます。映画のスクリーンを観るように、図書館の窓枠から眺めます。図書館から見る風景は、一日として同じということはありません。日々、刻々と空も海も変わってゆきます。



スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER634322BTA

Author:FC2USER634322BTA
FC2ブログへようこそ!

 1947年生まれの70歳で、
 日々の暮らし・想いを自由に 綴って
 ゆきたいと思います。
 住所は岡山県浅口市寄島町です。
 青い海と緑の山、青い空をもつ素敵な村です。
 名前は「千春」ですが、男性です。

♪♪♪リンクは、ご自由に!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター